還暦から始めたロードバイク

アクセスカウンタ

zoom RSS 三泊六日 別府〜阿蘇山ツーリング (五〜六日目)

<<   作成日時 : 2011/05/11 17:58   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

画像
大分のホテルの前で記念写真
朝 ホテルの部屋に入れた自転車をエレベーター で降ろのが大変
なにしろ階段がなく…エレベーターも一基の為他のお客の迷惑…誰も乗っていない時乗り込むのが大変!
画像
今日は大分から大分別府マラソンで走っているコースを自転車で別府まで走ります…途中海岸沿いに在るきれいな公園で休息。今日は時間が余裕が有るため皆ノンビリムード
画像
別府に近くづくと遠くに別府タワーが見えて来ました。
画像
別府タワー(べっぷタワー)は、大分県別府市にある観光塔。旧名、観光センターテレビ塔(かんこうセンターテレビとう)。高さは100m。名古屋テレビ塔、通天閣に次ぎ、日本で3番目に建てられた高層タワーで、別府観光のシンボルとして親しまれている。別府観光開発株式会社により運営されている。
画像
港駅 別府交通センター
大分県をはじめ、九州各県の特産品を数多く取りそろえた物産所。500人収容の展望レストラン「しおさい」や、竹の文化を紹介する「竹未来館」といった施設を併設している。
画像
皆さんお土産を買いに入ります、いろんなお土産やさんが沢山有ります…K地さんはお孫さんにお土産を宅急便で送られています。
画像
フェリーに乗るまで時間が有る為、別府地獄めぐりをします。Y住さんは足の違和感の為一人でノンビリ観光されます。私達5名は坂を上り地獄めぐり…共通券を買いました2,000円しました。
画像


先ず最初は 龍巻地獄 (一定の時間を隔てて、周期的に熱湯を噴出する温泉のことです。 地中の熱水(150度)が圧力の高まりと共に噴出します。自然のしくみは何とも不思議なものですね!! 噴出は30〜40分間隔です)
画像
次に 血の池地獄 血の池地獄は日本で一番古い天然の地獄で、一言で言うなら「赤い熱泥の池」です。地下の高温、高圧下で自然に化学反応を起こし生じた酸化鉄、酸化マグネシウム等を含んだ赤い熱泥が地層から噴出、堆積するため池一面が赤く染まります。
画像
次に かまど地獄 泉温90度の温泉が噴気とともに湧出。古来より氏神の竈門八幡宮の大祭に、地獄の噴気で御供飯を炊いていたことがその名の由来。かまど地獄は1丁目〜6丁目までさまざまな湯の池がある。
画像
次の鬼山地獄は、別名「ワニ地獄」とも呼ばれている。大正12年に日本で初めて温泉熱を利用し、ワニ飼育を開始した。現在、クロコダイル、アリゲーターなど世界のワニ 約80頭を飼育している。
画像
次は 白池地獄 噴出する熱湯は無色透明で、池に落ちると青白く色が変化する。また、白池地獄には温泉熱を利用した熱帯魚館があり、アマゾンに生息する人食魚ピラニア等、さまざまなめずらしい熱帯魚を見ることができる。
画像
次に 山地地獄 山の至るところからモウモウと噴気が上がっていることからこの名前がつきました。
温泉熱を利用して飼育されているカバやサル、フラミンゴ、アフリカゾウなど約20種の動物達はみんな愛嬌たっぷりで、ずっと見ていても飽きないくらいあなたを癒してくれます。
画像
次は 海地獄 別府地獄のなかでも最大の海地獄は、コバルトブルーの色をしていて、地獄というのがふさわしくないほどの美しさです。池の青色は、温泉中の成分である硫酸鉄が溶解しているためです。園内では、温泉熱を利用してアマゾン地方原産のオオオニバスや熱帯性睡蓮を栽培しており、オオオニバスや熱帯性スイレンの開花期は、5月上旬〜11月下旬で、朝方が見ごろです。
画像
最後に 鬼石坊主地獄 明治以降「坊主地獄」として観光施設の名所になっていましたが、一度閉鎖され新たに「鬼石坊主地獄」としてOPENしました。灰色の熱泥が沸騰する様子が坊主頭に似ている事から「鬼石坊主地獄」と呼ばれる様になったそうです。場所は、海地獄の隣です。施設内には、「足湯」もあります。
画像
フェリー乗り場に到着.Y住さんは既にお待ち。フェリーは19時35発なので時間が十分にあります、近くのスーパーでお酒とワインと酒のあてを買い込みます。
画像
フェリー乗り場の待合室の2階の部屋で各自輪行袋に自転車を入れ、買ってきた酒とワインで旅を事故無く走れた事を祝いカンバイ。
フェリーの中でも最後の宴会が始まりました。
この企画は私がしましたが、2日目の別府から九重のルートは一日で2,000mも上る超ハードの上に寒くて雪まで降って来ましたが 誰一人も落後者も無く無事にホテルに着いた事が今回の旅で一番嬉しい思い出になりました。皆さん企画者として2日目のルートと最終日に逆コースで帰るコース設定に深く反省します。その為に最初の予定より一日延び皆さんに迷惑かけ此れからの企画に大いに役立ちます。南港に朝7時35分つき雨がやんでいた為自転車を組み立て自走で帰ります。中央区を過ぎた辺りから雨が本降りとなり自宅に着くとずぶ濡れ…お蔭で風邪をひきましたが。。今回参加された皆さん苦しい事も有りましたが楽しい思い出の多いツーリングでしたね…又企画しますので懲りずに一緒に走りましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。 先ほど電話では失礼しました。
ご無理を言いますが、よろしくお願いいたします。

住所は
大阪府枚方市招提元町2丁目8-14
有限会社ナカヤ 中川敬文です。
nori
2011/05/19 17:37

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

三泊六日 別府〜阿蘇山ツーリング (五〜六日目) 還暦から始めたロードバイク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる