嵐山~鞍馬~伏見稲荷サイクリング

画像
新緑の季節に成りました、サイクリングにも最高の季節です。今日は嵐山木津自転車道を走り嵐山の渡月橋まで走りそこから絹かけの道走り鞍馬山まで上り、帰りは三条、四条を抜け伏見にぬけます。
このコース上には、渡月橋、天竜寺、清涼寺、広沢の池、仁和寺、龍安寺、金閣寺、上賀茂神社、貴船神社、鞍馬寺、下賀茂神社、建仁寺、方広寺、三十三間堂、東福寺。伏見稲荷、と数多くの京都観光の有名な神社・仏閣が有る贅沢なコースです。
画像
(写真は渡月橋)自転車道を43km走り嵐山に到着、橋は観光客で溢れています。
画像
嵐山は外国人観光客、修学旅行など観光客で混雑して自転車で走行は細心の注意して走ります。
画像

天龍寺まえのつつじが満開。
画像
(写真は広沢池)水面には‘嵯峨富士’の名をもつ遍照寺山をうつしだす広沢池は宇多天皇の孫、寛朝僧正が、この地に遍照寺を建立された際、つくられたという。あたりには田園風景が広がっています。
画像
(写真は仁和寺の仁王門)絹かえの道は自動車が多くよく信号で停滞しているので走行には要注意。道も大きくアップダウンが続きます。
画像
(写真は貴船口)鞍馬街道は新しく車両専用のバイバス出来た為に車が少なく走りやすく。成りました。
画像
叡山電鉄こもれび、外観は沿線の風景をモチーフにし、四季の移り変わりと、沿線に生息する動物・昆虫などをリアルに描き、京都・洛北の豊かな自然を守り続けたいとの思いを込めたデザインとなっています。
画像
(写真は鞍馬寺の山門)この道を上ると花背峠が有ります。鞍馬寺は鞍馬山全体を境内とする大きなお寺。その昔、牛若丸がこの山に棲む天狗を相手に修行したという伝説も残っています。今回は此処で折り返します。
画像
帰りは円通寺まえの京都でも有名な激坂25%を下って行き下賀茂神社から川端通りを三条まで走り三条からは大和大路通を走ります。途中在る建仁寺(13世紀初頭、お茶を日本に伝えた栄西によって建立)
画像
方広寺(国家安康の鐘、釣鐘有名)
画像
三十三間堂と続きます。
画像
伏見稲荷は外国人観光客で人気があり、大和大路通を歩いて伏見稲荷に行く観光客が多く又車も多い為に細心の注意して走ります。このルートは京都観光の有名な神社仏閣が沢山あり時間が有れば贅沢なコースです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

  • ちびのら

     観光地巡りもいいですね。小生も還暦を超えた昨年からロードバイクを始めました。こちらは山ばかりなので苦労しています。それでも標高560mまで登り、110kmを完走しました。

     ようやく春になり本格的に始動しようと手ぐすね引いて待っているのですが、あいにく強風の日が続いて出かけられない状態です。冬の間動かなかったので体重を5kg減量しなければなりません。
    2018年04月28日 09:10
  • 自転車屋朗

    ちびのらさんコメント有難う。
    今が自転車乗りには一番よい季節です、
    精一杯頑張って体重を落として、山も良いですが
    たまにはノンビリ走るのも此れから長く自転車を楽しめる秘訣ですね。
    これから輪行を覚え全国の観光地を走るのも
    楽しいですよ。
    2018年04月29日 05:09

この記事へのトラックバック